FC2ブログ

Excelじゆうちょう

Excelのお絵描きツール『りっぷ2(りっぷつぅ)』のサポートページ、まずは「はじめに」をご覧ください。 [NewEntry] [Admin]

記事更新カレンダー

10 « 2018-11 « 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

やたらに多いカテゴリ

比較的新しい記事

新しいコメント

ありがたいブログ拍手

拍手コメント一覧(拍手はしない)

さみしいトラックバック

申し訳ないプロフィール

申し訳ない

管理人  [ 申し訳ない ]

pxivもやってます
リンクの一番上からのぞきに来てください
※閲覧にはユーザー登録が必要です

RSSってなんぞ?

広告は消せないらしい

FC2Ad

        --------       スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

        2012-09-30       ファイルとフォルダーの一覧作成

どれくらいぶりでしょうか、数えるのが怖いくらい久しぶりにExcel関連の記事を更新します。

テーマは、「ファイルとフォルダーの一覧を作成する」です。

この前、自分の画像ファイルを整理するのに自作してみました。
こんなの探せばわんさか出てきますが、たまにはExcelを触ってあげないとということで作成しました。

今回のポイントとしては、ファイルとフォルダーの一覧をコレクションオブジェクトに格納してから、まとめて出力しているところです。
こうすることで、一覧を取得しながら出力するよりも拡張性が高くなります。
まあ、拡張するつもりはありませんけどね。

詳しい解説は割愛しますが、いっぱいコメントを入れていますので、少しは参考になると思います。
ちなみに、このマクロはThisWorkbookオブジェクトで記述しています。

↓ブックを開くと、自動的に開始されます↓
ファイルとフォルダーの一覧作成、開始

↓フォルダーを黄色く出力↓
ファイルとフォルダーの一覧作成、終了


'コードウインドウ
Private Lng_row As Long '行番号

Private Sub Workbook_NewSheet(ByVal Sh As Object) '新しいシートを追加
main 'ここから開始
End Sub

Private Sub Workbook_Open() 'ブックを開く
main 'ここから開始
End Sub

'ここから開始
Private Sub main()
Dim Path_name As String 'パス名
Dim Flg_folder As Boolean 'ファイルかフォルダーか
With Application.FileDialog(msoFileDialogFolderPicker) 'フォルダーを選択するダイアログ
  If .Show = True Then 'ダイアログを表示、フォルダーを選択すれば
    Path_name = .SelectedItems(1) 'フォルダー名
    Select Case MsgBox(Path_name & Chr(13) & Chr(13) _
      & "このフォルダ配下の一覧を取得します。" & Chr(13) _
      & "フォルダーとファイルの一覧を取得しますか?" & Chr(13) _
      & "(「いいえ」を選択すると、フォルダーのみの一覧を取得します)", vbYesNoCancel)
    Case vbYes 'フォルダーとファイルの一覧
      Flg_folder = True
    Case vbNo 'フォルダーの一覧
      Flg_folder = False
    Case vbCancel 'キャンセルなら
      Exit Sub '帰る
    End Select
    Application.ScreenUpdating = False '画面更新をオフ
    Cells().Clear 'セルをすべてクリア
    Lng_row = 1 '1行目から入力していく
    Cells(Lng_row, 1) = Path_name 'フォルダー名入力
    Cells(Lng_row, 1).Interior.Color = vbYellow '黄色に塗りつぶし
    Lng_row = Lng_row + 1 '次の行
    getFolder Path_name, 2, Flg_folder 'フォルダー配下の一覧を取得
    Application.ScreenUpdating = True '画面更新をオン
  End If
End With
End Sub

'フォルダー配下の一覧を取得
Private Sub getFolder(Fol_path As String, Fol_level As Long, Flg_folder As Boolean)
Dim Clc_file As Collection, Clc_folder As Collection 'コレクションオブジェクト
Dim Var_for As Variant 'コレクションオブジェクトの要素はVariant
Dim File_name As String 'ファイル名
Set Clc_folder = New Collection 'コレクションオブジェクト作成、フォルダー用
Set Clc_file = New Collection 'コレクションオブジェクト作成、ファイル用

File_name = Dir(Fol_path & "\*", vbDirectory) 'フォルダーとファイル一覧
Do While File_name <> "" 'フォルダーかファイルがあれば
  If GetAttr(Fol_path & "\" & File_name) And vbDirectory Then 'フォルダなら
    If File_name <> "." And File_name <> ".." Then 'カレントフォルダーか親フォルダでなければ
      Clc_folder.Add File_name 'フォルダー名を追加
    End If
  Else
    If Flg_folder Then 'フォルダーとファイルの一覧なら
      Clc_file.Add File_name 'ファイル名を追加
    End If
  End If
  File_name = Dir() '次
Loop

For Each Var_for In Clc_file 'ファイル名をすべて繰り返し
  Cells(Lng_row, Fol_level) = Var_for 'ファイル名を入力
  Lng_row = Lng_row + 1 '次の行
Next Var_for
For Each Var_for In Clc_folder 'フォルダー名をすべて繰り返し
  Cells(Lng_row, Fol_level) = Var_for 'フォルダー名を入力
  Cells(Lng_row, Fol_level).Interior.Color = vbYellow '黄色に塗りつぶし
  Lng_row = Lng_row + 1 '次の行
  getFolder Fol_path & "\" & Var_for, Fol_level + 1, Flg_folder 'フォルダー配下の一覧を取得
Next Var_for

Set Clc_folder = Nothing 'コレクションオブジェクト作成、フォルダー用
Set Clc_file = Nothing 'コレクションオブジェクト解放、ファイル用
End Sub


こんなもんでどうかな?
スポンサーサイト

        2012-09-15       Twilogはじめました

6月にスマホデビューして、その勢いで Twitterはじめました

で、約3か月つぶやいてけっこう件数がたまってきたので、どうにかまとめたいなと考えていました。
ここFC2ブログではツイートを日ごとにまとめて記事にする連携機能があるのですが、なまじっか日ごとに記事が作成されてしまったら、ただでさえ更新が滞りがちの記事がツイートの記事に埋もれてしまいます。
そんな理由で、もうひとつブログを作ろうかと考えていました。

そしたら、ちゃんとありました。
Twilog

こりゃいいや♪
べつに今すぐ昔のツイート見返して何かするわけではありませんが、いつでも見返せるというだけで少し安心できます。

そんなわけで、 Twilogはじめました

新しいブログの名前まで考えてたんですけどね、またいつか機会があれば。
『申し訳ないじゃあるまいし』

        2012-08-27       8月の奈良ツアー、後編

8月の奈良ツアー後編です。

約1か月ぶりの寧估庵。
たった1か月とはいえ、今回は 前回 と大きく異なる点があります。

新しい仲間が1匹増えたのです、なんと子猫。

なんだかんだで猫を飼ったことがなければ、子猫を抱っこしたこともありませんでしたので、そりゃあもうかわいさもひとしおでした。
猫公園の黒猫 に最初会った時は小さかったのですが、ぎりぎりひとり立ちしていたとします

↓さだはる↓
寧估庵18

名前は「さだはる」。
しかし、肝心のお顔が…
元気いっぱいすぎてケータイのカメラではシャッターチャンスをとらえきれませんでした、残念。

かろうじて撮影できたのが、こちら。

↓消えるネコパンチ↓
寧估庵11

強力な右フックにノックアウトです。
(こんな愛らしいパンチなら、サンドバッグにされてもかまわない)

もちろん、ほかの猫たちも元気いっぱいでした。
Twitter でつぶやいていない画像がふたつあるよ、どれかわかるかな?

↓今日は起きてる↓
寧估庵12

↓でも、こっちは寝てる↓
寧估庵16

↓冷房の効いた室内とはいえ、そこはほぼ直射日光だと思うのだが…↓
寧估庵15

↓「外は暑そうだにゃん」「知らん」↓
寧估庵13

↓「ほら、あっち見て」「知らん」↓
寧估庵14

↓そのすきに私のかばんが狙われている↓
寧估庵17

この日はお昼すぎから突然のどしゃ降りに見舞われました。
夏至はすぎたものの、まだまだ高い太陽が照りつけている状態での豪雨でした。
狐の嫁入りにしても、これはゴンドラ10台お色直し100回クラスの超豪華披露宴に違いありません。

ですが、そのおかげで外へ出るに出られず、お店に長居させてもらいました。
(さだはるがかわいすぎて、雨が小降りになっても居座っていたのはナイショ)
ありがとう、狐さん!

        2012-08-26       8月の奈良ツアー、前編

1週間ほど前に 7月 の記事を書いたばかりですが、その間に8月の奈良ツアーに行ってきました。

今回のツアーは、お決まりの 樫舎寧估庵 に加え、お昼ご飯を 酒楽(しゃらく)ぽくぽく でいただいてきました。

お昼ご飯に2件をはしご…私の胃はそんなに大きくありません。
1日目に酒楽(しゃらく)、2日目にぽくぽくと分けています。

で、4軒回って、記事はふたつに分けることにします。
食事の3軒と寧估庵、猫の画像が比較的多めになっていますので、記事の分量的にはちょうどよくなるかなと思っています。

それでは、食事からは樫舎と酒楽(しゃらく)とぽくぽくの順で続きます。

↓樫舎↓
樫舎の外観

そういえば、外観を撮影するのは初めてかもしれません。
空が青いですねえ、暑いです。
こんな日はかき氷と行きたいところですが、樫舎の氷は 先月 いただきましたので、饅頭蒸しとお抹茶を注文しました。
(注文を決めるまでに、こころの中で氷の遣いと饅頭の遣いが激しい攻防を繰り広げたのは書くまでもありません、饅頭の遣い強し!)

↓饅頭蒸しとお抹茶↓
樫舎の饅頭蒸しとお抹茶

これはまずい…!

いえ、決して味ではありません。
食べ方がわからない…!

大きな蒸し器の中に饅頭がひとつあって、その手前にお箸。
そして、隣には小皿と 黒文字 (調べて初めて名前知りました)。

お箸か黒文字か、黒文字かお箸か…作法のいろはも知らないツケがこんなところで出てしまいました。
最終的に、お箸で饅頭を小皿に移してそこから黒文字でいただいたのですが、はたして合っているのやら…
(そんなこんなで、右から左からしげしげとあれこれウンウン言っている姿はさぞかし挙動不審だったに違いありません)

今回も大変おいしゅうございました。



その後、さんざん猫と戯れて、少し遅いお昼を酒楽(しゃらく)でいただきました。
※「しゅらく」と読むと別のお店になってしまいますので注意を

場所は、大通りに向かって樫舎の隣。
町屋風の樫舎と打って変って、民家をそのまま食堂にしたかのような居酒屋っぽいお店です。
とはいえ、真っ昼間ですし、そもそも私自身がお酒はあまり得意ではありませんので、ランチでどんぶりをいただきました。

大和鶏肉ササミユッケ丼(画像がなくて申し訳ないです)。

鶏肉はよく食べますが、生は初めてです。
ぜんぜん臭くないし、すじもありません。
そのうえあっさりしていますので、舟盛りのすみっこにこっそり乗船していても違和感がないんじゃないでしょうか。

こちらもとてもおいしくいただきました。
ただ、もう少し店内がきれいだったら、○印といったところでしょうか。

お店を出るときふと見覚えのあるお菓子を見つけたので、ついでにひとつお土産にもらいました。

↓レインボーラムネ↓
レインボーラムネ

イコマ製菓 のレインボーラムネです。
直前に 寧估庵 でいただいていたのが小袋になっていました。

たしか、これは製造元から大袋で仕入れるはずですので、ここのお店で食べやすいように分けたのでしょう。
その証拠に、原材料や賞味期限などのラベルはありませんでした。

1袋300円は少々…な気もしますが、ここはご愛嬌で。



日が変わって、翌日のお昼。
ヤマトポークのとんかつがおいしいとの口コミでぽくぽくへ行ってきました。

場所は、これまた樫舎の路地側の斜め向かい。
じつは、前日にお店の前を通っていました。
そのときはすでに生鶏のどんぶりを完食した後でしたので、店の外に立てかけてあるメニューだけ見て、文字どおり指をくわえて通り過ぎました。
ですが、どうしてもあきらめきれずに翌日舞い戻ってきたのでした。

やっぱり、私のこういった鼻はよく利くみたいです。
先に書いておきます、次回も来ます

店内はきれいな喫茶店みたいな感じで、落ち着ける雰囲気。
月曜日に行ったのが幸いしてか、いくつか席が空いていましたので、革張り風のイスがある席めがけて「ここでお願いします!」と座らせてもらいました。

オーダーは、口コミにならってとんかつにしました。
ふとメニューの隅っこを見ると、ノンアルコールカクテルのミントジンジャーがセットで100円引き。
これはいけませんねえ、注文してしまうじゃないですか。

↓食前の豆乳とミントジンジャー↓
ぽくぽくのミントジンジャー

まさかの本物のミントの葉入り、香りが明らかに違います。
そこいらのレストランでもドリンク1杯で同じくらいするのに、どうか見習ってもらいたいものです。

豆乳にも本物の葉が入っていて、メニューによると ツブリナ という植物だそうです。

葉の表面に水滴のようなつぶつぶがびっしりついていて、ほんのり塩味がします。
風味も食感もいいアクセントになっていました。

↓塩で食べる サクサクとんかつのセット↓
ぽくぽくのサクサクとんかつのセット

いよいよメインの登場です。

画像では普通のとんかつにしか見えないのが、残念でなりません。

お肉は「あれっ?」って思うくらいふわふわ、ころもはサクサクでいてよくあるバリバリ感がありません。
これまで揚げものにこだわったことはありませんでしたが、少なくとも私の貧相な経験の中では一番の揚げ物だと断言できます。
ですので、メニューに塩で食べるとありましたが、半分はそのまま何もつけずにいただきました。

ほかにも、ご飯は多穀(16~18穀くらい)、煮物は飾り包丁、サラダは大葉のきざみ、おすましは柚子の皮と、どれもこれも手の込んだお料理でした。
※柚子の皮は自信がありません、見当違いなら申し訳ないです

次回はジューシー トンテキのセットにしよう、いつ来れるかな?

最後に、口コミをいただいた寧估庵さん、ありがとうございました。

        2012-08-20       7月の奈良ツアー、ぷちまるカフェ

1か月以上ほったらかしていたブログをまとめて更新します。
内容は、7月の奈良ツアー「樫舎→寧估庵→ぷちまるカフェ」を3か所を3連日更新、やります。

3か所目、3日目は ぷちまるカフェ

こちらは、寧估庵のTwitterからの口コミです。

じつは、 2か所目 の寧估庵でもここのレモンケーキをいただいていました。

外はこうばしく、中はしっとり、とってもおいしいレモンケーキです。
また、ぷちまるカフェのレモンケーキには、亀の甲羅の模様をあしらったレモンケーキ「亀レモン」なるものもあります。
私は食べませんでしたが、こっちはこっちでかわいらしくてお土産にぴったりです。

↓入り口付近↓
ぷちまるカフェ1

↓そこから視点を左へ↓
ぷちまるカフェ2

↓ブランチセット↓
ぷちまるカフェ(ブランチセット)

↓パズルがあったからやってみた↓
ぷちまるカフェ(パズル問題)

↓パズルがあったから解いてみた↓
ぷちまるカフェ(パズル解答)

朝食はしっかり食べてきたけど、ブランチ。
おやつの時間にかき氷をしっかり食べてきたけど、ブランチ。
初めてのキッシュ、おいしくいただきました。

ちなみに、下の2枚の画像はテーブルに無造作に置いてあったパズルです。
瓶に木の棒が突っ込んであって、その先端の穴にネジとナットがはめられています。
釘もおまけで入っています。
この状態(5枚目の画像)からネジとナットを外して(4枚目の画像)、元に戻す(5枚目の画像)というパズルです。

私はうっかり魔が差してしまって、戻せなかったときのお詫びの言葉を必死で考えながら解きました。
10分くらいで元に戻せました、ほっ。

古い記事  | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。