FC2ブログ

Excelじゆうちょう

Excelのお絵描きツール『りっぷ2(りっぷつぅ)』のサポートページ、まずは「はじめに」をご覧ください。 [NewEntry] [Admin]

記事更新カレンダー

09 « 2018-10 « 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

やたらに多いカテゴリ

比較的新しい記事

新しいコメント

ありがたいブログ拍手

拍手コメント一覧(拍手はしない)

さみしいトラックバック

申し訳ないプロフィール

申し訳ない

管理人  [ 申し訳ない ]

pxivもやってます
リンクの一番上からのぞきに来てください
※閲覧にはユーザー登録が必要です

RSSってなんぞ?

広告は消せないらしい

FC2Ad

        --------       スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

        2011-05-08       りっぷ2(りっぷつぅ)、1周年ちょっと

昨年 4/26(月) にりっぷ2(りっぷつぅ)を公開してから早1周年ちょっと、この機会に少しだけバージョンアップしたのを公開しました。
こちら からどうぞ。

あと、 2/26(土) で記事にしている不具合の修正も。
これでもうWindowsのフォントサイズ(DPI)をデフォルト値から変更しても座標がずれることはありません。

バージョンアップしたところも紹介しておきますね。
パレットが4種類増えました。

↓明A、明B↓
明A、明B

↓暗A、暗B↓
暗A、暗B

明Aと明Bはパステルチックに、暗Aと暗Bはダークな感じにまとめてみました。

16ビットの壁 に挑戦するエクセルペイント(仮称)は、このブログ以上にモチベーションが下がってしまっています。
そうですね、まずはちゃんと名前を確定させてやる気を取り戻すところからでしょうか?
スポンサーサイト

        2010-12-10       りっぷ2(りっぷつぅ)バージョンアップ

りっぷ2(りっぷつぅ)がバージョンアップしました!

エクセルVBAアクションゲーム博物館 への出展(カテゴリは「レース・他」)はそのままで、ダウンロードファイルだけ差し替えてます。
64ビット版Excel2010に対応できるよう、ファイルがひとつ増えました。
概要は以下の通りです。(使い方等は りっぷ2(りっぷつぅ)使い方、もくじ をご覧ください)

【内容物】
りっぷ2(りっぷつぅ) v1.2.xls Excel2003以前のバージョン用です。
りっぷ2(りっぷつぅ) v1.2.xlsm Excel2007、32ビット版Excel2010のバージョン用です。
りっぷ2(りっぷつぅ) v1.4.xlsm Excel2010のバージョン用です。
ReadMe.txt このテキストファイルです。

【対応バージョン】
りっぷ2(りっぷつぅ) v1.2.xls Excel2002、Excel2003、Excel2007、32ビット版Excel2010
りっぷ2(りっぷつぅ) v1.2.xlsm Excel2007、32ビット版Excel2010
りっぷ2(りっぷつぅ) v1.4.xlsm 32ビット版Excel2010、64ビット版Excel2010

【更新履歴】
v1.2 パレットに「灰」と「もっと灰」を追加しました。
クリップの削除で、対象がずれる問題を修正しました。
v1.4 PtrSafeキーワードを追加し、64ビット版Excel2010に対応しました。
それに伴い、Excel2007で動作しないことを確認しました。
※バージョンが同じなら、拡張子が異なっても中のマクロはまったく同じです

それから、描いてみたをニコニコ動画へ投稿しました。
イラストのモデルは、このブログでもちょこっと紹介したことのあるぱみゅさん。
UTAUという歌声合成ソフトのキャラの一人です。
詳しくは…長くなるので自習おねがい♪

♪【ぱみゅ】初出1周年にExcelで描いてみた♪

        2010-05-01       りっぷ2(りっぷつぅ)、裏話

別にこんなこと書かなくてもいいけど、なんとなく紹介します。

■りっぷ2(りっぷつぅ)でできないこと
【閉領域の塗りつぶし】
やはり、お絵描きツールならこれは必須でしょう。
ですが、あえて実装してません。
正直なところ、実用に足るアルゴリズムが思いつかなかったんです。

どのような形になっているかわからない閉領域を認識させるには、再帰処理で実現可能です。
起点のセルの上下左右に塗りつぶせるセルがあるなら、そのセルを再度起点として上下左右を調べさせます。
そして、すでに調べたセルには処理済みのフラグを立てて重複調査を防止します。

とまあ、簡単に述べるとこんな感じです。
以前、オリジナルマインスイーパを作った時にはこれでちゃんと動いてくれました。
しかしながら、りっぷ2(りっぷつぅ)では最大2000行2000列のセルが対象になります。
下手をするとスタックがパンクしかねません、領域に隙間があったらアウトです。
Excelにこだわる限り、これが私の限界でした。

【レイア】
クリップに登録したイラストの塗りつぶしなしのセルを透過部分として、イラストの合成はできます。
ですが、純粋なレイアとしての機能はありません。
レイアを実装するには、色の加算や減算などの処理が必要になります。
そうすると、当然色は変わります。
しかし、りっぷ2(りっぷつぅ)は56色のColorIndexを使って描画しています。
Excel2007ならRGBフルカラーにも対応していますが、 ColorIndexの利点 が生かされなくなってしまいます。

■りっぷ2(りっぷつぅ)でできること
【シート名】
自由に変更してもらってかまいません。
マクロでのシートの判別はオブジェクト名でしていますので、何ならシートの順番を入れ替えてもらってOKです。

【ファイル名】
自由に変更してもらってかまいません。
ファイル名を扱うマクロはありません、私はいつもイラストの題名に変更しています。

■関係ないこと
最近りっぷ2(りっぷつぅ)の使い過ぎで、普通のお絵描きソフトでも右クリックしてしまいました。

        2010-04-20       りっぷ2(りっぷつぅ)使い方、その9

[応用]タブのその他の機能を紹介します。

↓[応用]タブ↓
りっぷ2(りっぷつぅ)、応用

■カンバスサイズの変更
カンバスサイズを、[縦]と[横]のテキストボックスに入力した値にを変更します。
縦の範囲は、1~2000行です。
横の範囲は、Excel2003以前のバージョンで1~256列、Excel2007以降のバージョンでは1~2000列です。
それぞれのテキストボックスをダブルクリックすると、指定できる最大値が自動的に入力されます。

■反転
【上下反転】
第1選択範囲を上下に反転させます。

【左右反転】
第1選択範囲を左右に反転させます。

【行列入替】
第1選択範囲の行列を入れ替えます。
第1選択範囲が矩形の場合、反転させたイラストは選択範囲の右または下方向へはみ出します。

↓横長は下方向へはみ出す↓
行列入替

■背景の設定
[背景設定]ボタンを押して、背景に画像を設定します。
設定可能なファイル形式はJPEG、PNG、GIFのみです。
背景が設定されてない場合は、「<背景なし>」と表示されます。
また、すでに背景が設定されている場合は、背景を変更するか削除するかを選択することができます。

↓現在の背景は「背景設定.gif」↓
背景設定

■グリッド線の表示、非表示
セル幅を小さくしすぎると、グリッド線が邪魔になります。
特に、セル幅を1ピクセル方眼にしてしまうとグリッド線しか見えなくなります。
グリッド線の表示、非表示は[応用]タブの右下のボタンから変更します。

↓今は非表示中↓
りっぷ2(りっぷつぅ)、グリッド線

ボタンを押すたびに表示と非表示が切り替わります。

        2010-04-18       りっぷ2(りっぷつぅ)使い方、その8

[応用]タブの[図形を選択していろいろ描画]の機能を紹介します。

↓[応用]タブ↓
りっぷ2(りっぷつぅ)、応用

左側の7個のオプションボタンを選択し、中央の3つの[塗り方]と右側のスクロールバーの値を指定し、[いろいろ描画]ボタンを押します。

■図形の種類

【四角:■】
セルの選択範囲すべてを対象にして、主の色で塗りつぶします。
右側のスクロールバーから、塗りつぶしの濃度を設定できます。
濃度の範囲は2~100%で、2%単位で設定できます。

【四角:□】
セルの第1選択範囲を対象にして、選択範囲の内側の外周を主の色で塗りつぶします。
右側のスクロールバーから、外周の太さを設定できます。
太さの範囲は1~50で、1ずつ設定できます。

【円:●】
セルの第1選択範囲を対象にして、選択範囲に内接する円を主の色で塗りつぶします。
右側のスクロールバーから、塗りつぶしの濃度を設定できます。
濃度の範囲は2~100%で、2%単位で設定できます。

【円:○】
セルの第1選択範囲を対象にして、選択範囲に内接する円の外周を主の色で塗りつぶします。
右側のスクロールバーから、外周の太さを設定できます。
太さの範囲は1~50で、1ずつ設定できます。

【斜線:/】
セルの第1選択範囲を対象にして、選択範囲の右上がりの対角線を主の色で塗りつぶします。
右側のスクロールバーから、対角線の太さを設定できます。
太さの範囲は1~50で、1ずつ設定できます。

【斜線:\】
セルの第1選択範囲を対象にして、選択範囲の右下がりの対角線を主の色で塗りつぶします。
右側のスクロールバーから、対角線の太さを設定できます。
太さの範囲は1~50で、1ずつ設定できます。

【ぼかし】
セルの第1選択範囲を対象にして、指定した幅単位で選択範囲をぼかします。
右側のスクロールバーから、塗りつぶしの濃度を設定できます。
濃度の範囲は2~100%で、2%単位で設定できます。
ぼかしの幅は、[塗り方]の下にあるスピンボタンから4、8、12、16の4種類を指定できます。
※ぼかしには右下への指向性があります、詳しくは別記参照

↓上から、元のイラスト、濃度30%/ぼかし幅4、濃度100%/ぼかし幅16↓
ぼかし、比較

■塗り方
【全部】
主の色だけを使って塗りつぶします。

【副のみ】
副の色のセルだけを主の色で塗りつぶします。

【副以外】
副の色以外のセルだけを主の色で塗りつぶします。

■ぼかしについて
ぼかしは、セルの塗りつぶしをランダムにずらすことで実現しています。
ずらす範囲は縦横がぼかしの幅のセル範囲で、この中で一定回数色のずらしが繰り返されます。
繰り返す回数は、(ぼかし幅 ^ 2) * 濃度です。

例えば、ぼかし幅が8で濃度が25%なら、(8 ^ 2) * 0.25 = 16回繰り返されます。

↓ぼかし幅の範囲内で色が繰り返し移動↓
ぼかし

そして、指向性があるというのは、隣り合うぼかし幅のセル範囲が互いに一部を共有しているからです。

↓ぼかし幅が8の場合の重なり↓
ぼかしの重なり

さらに、ぼかしの処理は上の1~6の順番で右下へ向かって順番に実行されていきます。
そのため、色の移動で右もしくは下の範囲に移動した色は、次のぼかし範囲でさらに右もしくは下へ移動する可能性があります。

↓濃度を高くするほど、指向性は強くなります↓
ぼかしで移動

もし気になる場合は、ぼかしを2回に分けて、片方を上下左右反転させてから実行してください。

古い記事  | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。