FC2ブログ

Excelじゆうちょう

Excelのお絵描きツール『りっぷ2(りっぷつぅ)』のサポートページ、まずは「はじめに」をご覧ください。 [NewEntry] [Admin]

記事更新カレンダー

03 « 2019-04 « 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

やたらに多いカテゴリ

比較的新しい記事

新しいコメント

ありがたいブログ拍手

拍手コメント一覧(拍手はしない)

さみしいトラックバック

申し訳ないプロフィール

申し訳ない

管理人  [ 申し訳ない ]

pxivもやってます
リンクの一番上からのぞきに来てください
※閲覧にはユーザー登録が必要です

RSSってなんぞ?

広告は消せないらしい

FC2Ad

        --------       スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

        2011-02-17       INDIRECT関数の応用、つづき1

INDIRECT関数は、第1引数に与えられた名前の参照を返します。
それによって、セルの値を取得したりワークシート関数の引数に利用したりできました。
また、応用としてデータの入力規則のリストに使用すれば動的にリストを切り替えることもできました。

今回は、もうひとつの形で動的に結果を切り替える方法をご紹介します。
切り替える対象は、図のリンク貼り付けです。

旧Excelでは隠し機能であったため(メニューバーの[編集(E)]を[Shift]キーを押しながらクリックすると現れます)、いまいち地味な存在でした。
新Excelでは右クリックからでも選べるようになり、非常に使いやすくなってます。
まあ、機能自体は一緒ですけどね。
それだけ便利だということです。
あっそれから、なぜかアイコンは「カメラ」という名前で登録されてるのでご注意を。
アイコンの登録方法は こちら 、ぜひ登録しておくことをおすすめします。

このカメラ機能の詳しい説明は他のもっともっと気の利いたサイト様におまかせするとして、ここでは概要だけ紹介します。

↓まず、撮影したい範囲を選択してカメラアイコンをクリック↓
カメラ、シャッターチャンス

↓次に、お好きな場所をクリックするとリンク貼り付けされます↓
カメラ、リンク貼り付け

↓そして、数式バーを編集すればリンク元を変更できます↓
カメラ、リンク元を変更

カメラ撮影できました。
貼り付けられたのはあくまで図のオブジェクトですので、中のデータを図から変更することはできません。
ですが、リンクでの貼り付けですから、リンク元のデータを編集すれば図のほうにも反映されます。
うっかり編集されては困るような資料なんかを別シートからのリンク貼り付けにしておけば、ほんのちょっぴり安心できますね。(シートの保護があるからいらないなんてのは聞かないふり)

【禁忌事項】
元データのセル範囲上に、撮影した図を重ねてはいけません!
リンク元とリンク先が合わせ鏡のようになって、やりすぎるとPCのメモリがパンクしてしまう恐れがあります。
それから、あんまし大きい撮影範囲はCPUに負担がかかります。

↓PCのメモリとCPUを食い散らかす悪魔が現れるよ↓
カメラ、禁忌事項

さて、本題です。
この図のリンク貼り付けの参照元をINDIRECT関数で動的に切り替えてやろうというのが、この次のお題です。
これからがいいところですが、ちょっと長くなりそうなので続きます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可  

トラックバック

http://likep.blog63.fc2.com/tb.php/194-e940a9e9

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。