FC2ブログ

Excelじゆうちょう

Excelのお絵描きツール『りっぷ2(りっぷつぅ)』のサポートページ、まずは「はじめに」をご覧ください。 [NewEntry] [Admin]

記事更新カレンダー

10 « 2018-11 « 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

やたらに多いカテゴリ

比較的新しい記事

新しいコメント

ありがたいブログ拍手

拍手コメント一覧(拍手はしない)

さみしいトラックバック

申し訳ないプロフィール

申し訳ない

管理人  [ 申し訳ない ]

pxivもやってます
リンクの一番上からのぞきに来てください
※閲覧にはユーザー登録が必要です

RSSってなんぞ?

広告は消せないらしい

FC2Ad

        --------       スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

        2011-08-28       GUIでSolaris 10インストール(前)

Solaris 10というOSにはGIMPが標準でインストールされている という噂から、いつもWindowsでお世話になっているGIMPの兄弟に出会うべく、初めてのUNIX系OSに挑戦することになりました。

大丈夫かなあ…インストールくらいならできるかなあ…
簡単なことができてなかったり説明がおかしかったりしても許してね。



↓GRUBメニュー↓
01GRUBメニュー

VMware PlayerでPC起動した最初の選択画面です。
3種類ありますが、一番上のSolarisを選択します。
他のConsoleというのは、マシンにキーボードやディスプレイ、マウスが接続されていない環境の場合に選択します。
そんな状況でどうやって操作するのって疑問を解消してくれるのがシリアルポートです。
シリアルポートからコンソール接続し、遠隔にあるキーボードやディスプレイ、マウスで操作するのです。
それにより、各地にある複数のマシンを遠隔操作できるそうです。

↓Bootシステム↓
02Bootシステム

うわあ、よくわからないのがいっぱい並んでる。
とりあえず、1がよくある対話型インストールなんだろうなってのはわかります。(デフォルトだし)
2が複雑で、あらかじめ用意されたプロファイルを利用してインストールを自動的にしてしまうというものです。(たぶん)
共通の設定で複数のマシンにインストールでき、業務用に便利だそうです。
3と4はテキストでの対話型で、いわゆるCUIというやつです。
5はドライバのアップデート、6はよくわかりません。
シングルユーザーモード(管理者であるrootだけが操作できるからシングル)でシェルを実行するんでしょうか?
…なんて考えているうちにタイムアウトでデフォルトの1が勝手に選択されて処理が進んでしまいました。

↓キーボードの選択↓
03キーボードの選択

日本語のキーボードはJapaneseとJapanese-Type6です。
後者はSunのキーボードですので、一般的なものと若干キーの配置が異なります。
この青い画面では、下の緑の部分にキーと操作内容が記されています。
次の画面へ移るためにはここにあるキーを押さなければなりません。
ですので、[F2]キーを押します。

↓インストール開始前↓
04インストール開始前

インストール開始前の注意です、読んだらEnterを押してね。
この後の画面で、GUIでインストールを進めるためには30秒以内に操作をしてください。
でなければCUIでのインストールになります。

↓GUI開始↓
05GUI開始

これが読めたらウインドウの中でEnterを押してね。
よしきた!

↓言語の選択↓
06言語の選択

0~10の中から言語を選んでね、ヘルプは[h]キーか[?]キーですよ。
日本語でお願いします。

↓ようこそ↓
07ようこそ

やたっ、日本語になりました。
しかも、GUIでマウスが使えます。

↓ネットワーク接続性↓
08ネットワーク接続性

ネットワークに接続します。

↓e1000g用のDHCP↓
09e1000g用のDHCP

e1000gはギガビットイーサネットインタフェースのドライバです。
DHCPを使ってIPv4アドレスを自動取得します。

↓e1000g0用のIPv6↓
10e1000g0用のIPv6

IPv6はどうしましょう。
うちの環境はIPv4のプライベートアドレスで動いていますので、なくても大丈夫です。(IPv6の対応はしています)
じゃあ、なしで。

↓Kerberos↓
11Kerberos

Kerberosサービスとは、ネットワーク認証方式の名称です。
シングルサインオンを使うので、最初に認証を済ませてしまえば毎度パスワードを求められることなく使用できます。
でも、そもそもそんなたいそうなことするつもりではありませんので、なしで。

↓ネームサービス↓
12ネームサービス

これはあってもいい気がしますが、なしで。
マシンを呼ぶ時はDHCPで取得したIPv4のIPアドレスを使いましょう。

↓NFSv4ドメイン名↓
13NFSv4ドメイン名

Network File System version 4?
ファイルの共有はしないからいらないっと。

↓時間帯↓
14時間帯

大陸/国/地域を選択します。
GMTとの時差(-9時間)でもいいんですけど、わかりやすいほうにしておきます。
時間帯ファイルはどこにあるのかわかりません。

↓大陸と国↓
15大陸と国

アジアのツリーを展開します。

↓大陸と国↓
16大陸と国

たくさんの国がありますね。
ひとしきりスクロールすると、日本が見えてきます。

↓日付と時刻↓
17日付と時刻

うわっ、1週間遅れの記事だというのがばれてしまう…

↓rootパスワード↓
18rootパスワード

ひ・み・つ!

↓リモートサービスの有効化↓
19リモートサービスの有効化

いいえを選択すると、セキュアな環境が構築できます。
ただし、ftpやtelnetなど必要なリモートサービスがあったら適宜有効にしなければなりません。
有効化しておきましょう。

↓Oracle Solaris自動登録↓
20Oracle Solaris自動登録

めんどくさいから、なしで。

↓Oracle Solaris自動登録↓
21Oracle Solaris自動登録

前の画面でチェックを入れていないのにどうして?
それ以前にプロキシサーバとかありませんし、無視で。

↓情報の確認↓
22情報の確認

以上の設定でよろしいでしょうか?
心残りがある人は全力で戻ってください。

↓ようこそ↓
23ようこそ

本日2度目のようこそ。
こういうネーミングはいただけませんねえ。

↓インストーラ・オプション↓
24インストーラ・オプション

これからのインストールで発生する再起動やディスクの交換について。
勝手にやっちゃってください。

↓通知↓
25通知

再起動時にインストールディスクを取り出しておかないと、もう一度インストールが起動してしまうみたいです。
あんまし自動じゃない。

↓媒体の指定↓
26媒体の指定

実際のDVDディスクは入っていませんが、DVDイメージのISOファイルをDVDの代わりに読み込んでいます。

↓通知↓
27通知

あ、なんか怒られた。
そもそも、ここまでのインストーラはISOファイルから読み込んでいるだろうに、腑に落ちません。

↓媒体の指定↓
26媒体の指定

前の画面に戻されました。
この後、他のチェックも駄目もとで試してみましたが、やっぱり駄目でした。

↓終了しますか?↓
29終了しますか?

こんなの無理だっ!
さっそくの挫折、いったん退却します。

CUIならいけるかな…?
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可  

トラックバック

http://likep.blog63.fc2.com/tb.php/231-0580c25f

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。