FC2ブログ

Excelじゆうちょう

Excelのお絵描きツール『りっぷ2(りっぷつぅ)』のサポートページ、まずは「はじめに」をご覧ください。 [NewEntry] [Admin]

記事更新カレンダー

10 « 2018-11 « 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

やたらに多いカテゴリ

比較的新しい記事

新しいコメント

ありがたいブログ拍手

拍手コメント一覧(拍手はしない)

さみしいトラックバック

申し訳ないプロフィール

申し訳ない

管理人  [ 申し訳ない ]

pxivもやってます
リンクの一番上からのぞきに来てください
※閲覧にはユーザー登録が必要です

RSSってなんぞ?

広告は消せないらしい

FC2Ad

        --------       スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

        2011-09-05       CUIでSolaris 10インストール(後)

Solaris 10というOSにはGIMPが標準でインストールされている という噂から、いつもWindowsでお世話になっているGIMPの兄弟に出会うべく、初めてのUNIX系OSに挑戦することになりました。

CUIでSolaris 10インストール(前) の続きです。
インストールは今回で完了します。
目に痛い色彩と英語ばかりでくじけそうになりそうですが、折り返し地点まで来たんです、頑張りましょう。



↓ライセンス↓
31ライセンス

前回の最後の画面から続けます。
ライセンスには同意しないと進めません。
[F2]キーを押してください、この後も明記していない限り[F2]キーでお願いします。

↓ソフトウェアのロケール選択↓
32ソフトウェアのロケール選択

要するに、インストールするフォントの種類を選択します。
日本語が必要です。

↓ソフトウェアのロケール選択↓
33ソフトウェアのロケール選択

Asiaの項目が開きます。
せっかくですから、すべての日本語にチェックを入れておきましょう。

↓システムのロケール選択↓
34システムのロケール選択

標準で使用するフォントを選択します。
最初からチェックが入ってましたし、特に変更はしないでおきます。

↓追加製品の指定↓
35追加製品の指定

このインストールディスク以外でインストールするものがあれば指定します。
今回はありませんし、ハードディスクをケチった8GBぽっちの仮想マシンにあれやこれや入れるスペースはありません。

↓ファイルシステムの選択↓
36ファイルシステムの選択

ファイルシステムは変更せずにUFSを使用します。
ZFSは128ビットアドレッシングの次世代ファイルシステムです。
特徴は他にもあるのですが、動けばいいだけの今回はUFSを使います。

↓Solarisソフトウェアグループの選択↓
37Solarisソフトウェアグループの選択

Solarisの機能をどれだけインストールするかを決定します。
使わない機能はここで削っておけば容量が節約できます。
デフォルトでは6種類が用意されています。
選択しているのはフルインストールで、6GBちょい必要です。
8GBにはなんとか収まりそうです。

↓ディスクの選択↓
38ディスクの選択

インストール先のディスクを選択します。
選択しているディスク(Total Selected)は8188MBで、必要最小限の容量(Suggested Minimum)は4743MBです。
前の画面より必要な容量が小さくなっていますが、間違いではありません。
ここの値はファイルを保存するだけの容量ですから、実際に動作させるための値とは異なります。
それと、この画面では[F4]キーを押してこのディスクを編集します。
おお、[F2]キー以外の選択は初めてです。
現状ではまっさらのディスクですから、パーティションを作成しなければなりません。

↓ディスクの編集オプション↓
39ディスクの編集オプション

パーティションの設定とブートディスクの選択ができます。
ブートディスクはデフォルトのままにしておきますので、パーティションの設定をします。

↓fdiskパーティションをカスタマイズするディスクの選択↓
40fdiskパーティションをカスタマイズするディスクの選択

すべてがunusedで、パーティションが設定されていません。
[F4]キーを押して新規作成します。

↓パーティションサイズ↓
41パーティションサイズ

パーティションを分割するほどの容量はありません。
まるまるつぎ込んでしまいます。

↓fdiskパーティションをカスタマイズするディスクの選択↓
42fdiskパーティションをカスタマイズするディスクの選択

8188MBのSOLARISができましたね。
これでようやくファイルを保存できます。

↓ディスクの選択↓
38ディスクの選択

前の画面に戻ってきました。
次こそ[F2]キーで進みます。

↓ファイルシステムの自動構成↓
44ファイルシステムの自動構成

親切にもファイルシステムを自動配置してくれるそうです。
本当は使う機能を考えて自分で割り当てないといけないんですけども、GIMPが動けばいいので!

↓ファイルシステムの自動構成↓
45ファイルシステムの自動構成

チェックの付いているところに自動配置されました。

↓ファイルシステムの配置↓
46ファイルシステムの配置

具体的な容量はこのような感じです。

↓リモートファイルシステム↓
47リモートファイルシステム

リモートファイルサーバーからソフトウェアをマウントしません。
というか、そんなのありません。

↓インストールの準備完了↓
48インストールの準備完了

最後の確認です、ようやくゴールが見えてきました。
一応、間違いがないかどうか見直しておきましょう。

↓インストール中↓
49インストール中

操作はないけど、時間はかかります。
コロコロかけて、洗濯物たたんで、羊羹を味わうくらいはできます。

↓再起動↓
50再起動

最後のさいごに文字化けしている、しかも止まっている!
大丈夫です、一時停止しているだけです。
30秒と90秒の2回ありますから、そのまま放置しておけば自動的に再起動してくれます。
再起動が完了すれば、ついにSolaris 10が立ち上がります。
それでは、キリがいいので今回はここまで。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可  

トラックバック

http://likep.blog63.fc2.com/tb.php/233-8b7719df

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。