FC2ブログ

Excelじゆうちょう

Excelのお絵描きツール『りっぷ2(りっぷつぅ)』のサポートページ、まずは「はじめに」をご覧ください。 [NewEntry] [Admin]

記事更新カレンダー

08 « 2018-09 « 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

やたらに多いカテゴリ

比較的新しい記事

新しいコメント

ありがたいブログ拍手

拍手コメント一覧(拍手はしない)

さみしいトラックバック

申し訳ないプロフィール

申し訳ない

管理人  [ 申し訳ない ]

pxivもやってます
リンクの一番上からのぞきに来てください
※閲覧にはユーザー登録が必要です

RSSってなんぞ?

広告は消せないらしい

FC2Ad

        --------       スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

        2012-01-06       2011年秋冬、美術展訪問リスト

まさかの1週間連続ブログ更新。

もう無理、書くネタない、雑巾のごとく絞りしぼって美術展の報告をしていなかったことを思い出しました。
なにせ10月にこちらへきてからというもの、足を棒にして駆けずり回っていましたから、ひとつずつ紹介している暇がありませんでした。
いまさらですが、感想はさておいて訪問したリストだけ並べておきます。
備忘録くらいのつもりでね。

国立西洋美術館
プラド美術館所蔵 ゴヤ 光と影
常設展

損保ジャパン東郷青児美術館
モーリス・ドニ -いのちの輝き、子どものいる風景-
アルプスの画家 セガンティーニ ―光と山―

上野の森美術館
第35回 新日美展
第18回 新作家展
第37回 現代童画展
第38回 近美展
第26回 日本和紙絵画展
第49回 全展
第38回 創画展

多少規模のあるものはこのくらいでしょうか。
上野の森美術館が多いですね。
ここは基本的に、週替わりで有料と無料の2展示をやっていてほぼ毎週足通っていました。
上で紹介しているのはたぶん有料のものです(うろ覚えなので間違っていたら申し訳ないです)
上野の森美術館を含めて、ほかにも入場無料の小さな美術展にもたくさん行きました。
アートガーデンかわさき なんかにはよくお世話になりました。

心残りがあるのは国立西洋美術館の常設展、想像以上に広くて、最後は閉館まじかで駆け足になってしまいました。

もっとも感激したのは上野の森美術館の日本和紙絵画展、絵の具を使わずこれほどの表現ができるなんて初めて知りました。
ちぎりかた、重ねかた、透かし具合で油絵にも水彩にも日本画にもなりうる、和紙の無限の可能性を感じました。
もしあなたの近くで見る機会があればぜひ足を運んでください、きっと心に響く何かを感じますから。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可  

トラックバック

http://likep.blog63.fc2.com/tb.php/263-f5dd981a

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。