Excelじゆうちょう

Excelのお絵描きツール『りっぷ2(りっぷつぅ)』のサポートページ、まずは「はじめに」をご覧ください。 [NewEntry] [Admin]

記事更新カレンダー

06 « 2018-07 « 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

やたらに多いカテゴリ

比較的新しい記事

新しいコメント

ありがたいブログ拍手

拍手コメント一覧(拍手はしない)

さみしいトラックバック

申し訳ないプロフィール

申し訳ない

管理人  [ 申し訳ない ]

pxivもやってます
リンクの一番上からのぞきに来てください
※閲覧にはユーザー登録が必要です

RSSってなんぞ?

広告は消せないらしい

FC2Ad

        --------       スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

        2012-02-06       なんばウォーク、シカゴギャラリー

こんなのがあったのですね、知りませんでした。
大阪は難波の地下街の一角、なんばウォークに絵画が並ぶ通路があります。
その名も、シカゴギャラリー。
アメリカはシカゴ美術館に所蔵されている名画60点の複製がずらりと展示されています。
複製といっても紙や布の印刷物ではなく、陶板の絵画です。

しかも、単に陶器の板に印刷しているのではなく、原画の質感を残すような加工がされています。
表面につやがあったりざらつかせていたり、油彩っぽく盛り上がっていたりします。
もちろん、サイズは原寸大ですからかなり見ごたえがあります。
展示番号1のジョルジュ・スーラの『グランド・ジャット島の日曜日の午後』はおよそ2m×3mもある大作で、5枚もの陶板をつなぎ合わせてあります。

↓ちょっとカメラの明るさが高すぎ↓
シカゴギャラリー(グランド・ジャット島の日曜日の午後)

展示方法だって、ちゃんと雰囲気が出るように飾ってあります。

↓通行人を避けての撮影は大変↓
シカゴギャラリー(テラスにて)

ルノワールの『テラスにて』。
実は、私が絵画に興味を持ち始めたのがルノワールの作品からで、この名前を聞くだけで少し胸が高鳴るのです。

いやはや、こんなにすばらしいものがあったのですね、知りませんでした。
なんでも、調べてみると2004年オープンだそう。
この近くへは何度か来たことがありましたが、もったいないことをしていました。

地下街の普通の通路ですから散歩がてらにでも、当然ながら無料ですし、難波へお越しの際はぜひ一度ご覧あれ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可  

トラックバック

http://likep.blog63.fc2.com/tb.php/269-b948719e

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。